社名東邦酸素工業株式会社
会社設立1952年(昭和27年)4月
本社所在地〒230-0002 神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町11番34号
Tel. 045-571-7345 Fax. 045-575-9318
代表者代表取締役社長 鴨川俊次
資本金7625万円
社員数30名(令和3年7月1日現在)
事業所本社・工場【神奈川県横浜市】
営業所小山市【栃木県】
川崎市【神奈川県】
取引銀行三菱東京UFJ銀行 川崎駅前支店
横浜銀行 鶴見西口支店
横浜信用金庫 末吉支店
みずほ銀行 鶴見駅前支店
1952年(昭和27年)

自動車鋳物株式会社の酸素製造工場を分離独立して会社設立。

1961年(昭和36年)

液化酸素気化充てん設備を新設し、充てん開始。

1972年(昭和47年)

液化酸素・液化窒素のコールドエバポレーター方式による受け入れ設備を新設。
酸素ガス・窒素ガスを充てんするとともに超低温液化ガス容器(LGC)による液化酸素・液化窒素の供給開始。
栃木県小山市に小山営業所を開設。

1973年(昭和48年)

液化アルゴンのコールドエバポレータ方式による受け入れ設備を新設。
アルゴンガスを充てんするとともに超低温液化ガス容器(LGO)による液化アルゴンガスの供給を開始。

1977年(昭和52年)

混合ガス充てん設備を新設し、各種溶接用混合ガスの充てん開始。

1978年(昭和53年)

医療品の販売許可を取得し医療ガスの販売開始。

1980年(昭和55年)

医療用酸素ガスの製造承認を取得し製造開始。

1984年(昭和59年)

神奈川県川崎市に川崎営業所開設。

1986年(昭和61年)

大陽日酸株式会社の安定同位体事業の創業と同時に、同社安定同位体の販売を開始。

1995年(平成7年)

医療用窒素ガスの製造承認を取得し製造開始。

1996年(平成8年)

液化酸素・液化窒素・液化アルゴンのコールドエバポレーター、 液送ポンプ蒸発器及び超低温液化ガス容器(LGC)への充てん設備を全面的に更新。

2002年(平成14年)

レーザー加工用混合ガス充てん開始。

2007年(平成19年)

高品位ガス(Refine窒素・Refineアルゴン)の充てん開始。

2008年(平成20年)

空気充てん設備を新設し充てん開始。

2009年(平成21年)

液化炭酸ガスのコールドエバポレーター方式による受け入れ設備を新設。
炭酸ガスを充てんするとともに超低温液化ガス容器(LGC)による炭酸ガスの提供を開始。
食品添加用炭酸ガス承認の製造承認を取得し製造開始。

2012年(平成24年)

医療用炭酸ガスの製造承認を取得し、製造を開始。

2020年(令和2年)

食添用アルゴンガスの製造承認を取得し、製造販売を開始。

本社・工場
〒230-0002
横浜市鶴見区江ヶ崎町11-34
TEL:045-571-7345
FAX:045-575-9318

小山営業所
〒323-0807
栃木県小山市城東2-34-8
TEL:0285-37-9910
FAX:0285-20-4848

Lineup

ガス種製造品目充てん圧力
酸素一般工業用液化ガス・圧縮ガス
医療用液化ガス・圧縮ガス
食品添加用液化ガス・圧縮ガス
高純度圧縮ガス(商品名:ドライ)
充てん圧力 14.7MPa
, 19.6MPa
窒素一般工業用液化ガス・圧縮ガス
医療用液化ガス・圧縮ガス
食品添加用液化ガス・圧縮ガス
高純度圧縮ガス(商品名:ドライ・Refine)
充てん圧力 14.7MPa
, 19.6MPa
アルゴン一般工業用液化ガス・圧縮ガス
医療用液化ガス・圧縮ガス
食品添加用液化ガス・圧縮ガス
高純度圧縮ガス(商品名:ドライ・Refine)
充てん圧力 14.7MPa
, 19.6MPa
炭酸一般工業用液化ガス
医療用液化ガス
食品添加用液化ガス
 
混合O2、N2、Ar、CO2、H2、Heを成分とする各種混合ガス
溶接用混合ガス(2種)
レーザー加工機発信器用混合ガス(3種)
食添用混合ガス
充てん圧力 14.7MPa
, 19.6MPa
空気工業用圧縮空気
空気呼吸器用圧縮空気
充てん圧力 14.7MPa
, 19.6MPa

Other products

  • 産業ガス
    水素、ヘリウム、アセチレン、プロパン、ブタン、エチレン、亜酸化窒素、他
  • 特殊ガス
    高純度ガス 各種(校正用ゼロガス、キャリアガス)
    標準ガス 各種(環境測定用、自動車排ガス測定用)